東京旅行の名所案内

2003年春に開業してから大人気

東京都港区北部の六本木6丁目に2003年4月、タワー建造物・民放テレビ局社屋・ショッピングモールを中心とする巨大な複合施設がオープンしました。テレビや雑誌を通じて施設の魅力が伝わっていき、美しいクリスマスイルミネーションの効果もあって、瞬く間に東京旅行中の人がたくさんやって来る名所へと成長しています。

タワー建造物の魅力について

六本木6丁目の巨大複合施設の中央部には、タワー建造物があります。このタワーは開業当初、当時話題のIT企業がたくさんオフィスを構えていたためオフィスビルとして有名になりました。しかし、完全なオフィスビルというわけではなくマンションエリアや観光・飲食エリアも存在し、近年は観光・行楽地として人気急上昇中です。特に展望台としての注目度が高い傾向ですが、2つのタイプの展望スペースが存在します。

一つ目は52階の屋内展望台で、こちらは冬でも寒さを感じることなく周囲の景色を観られるのが魅力です。一方、屋上のスカイデッキには52Fの屋内展望台や周囲のタワー施設にはない魅力があります。それは、屋根がなくて空が見えるため、東京旅行の中で夜間に訪れた場合は都心ながらあっと驚く見事な星空を楽しめるという事です。

その他の魅力について

タワー建造物東側の民放テレビ局の社屋内には一般客が入場できるテレビ局関連グッズショップがあって、東京土産を買う店として最適です。その他、テレビ局社屋の北側には毛利庭園という緑豊かな庭園がありますので歩き疲れたらベンチに座って休むのも良いでしょう。その他、エリアにホテルがありますので宿泊して部屋から美しい夜景を楽しむ事も可能です。

フライアゴーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です