冬の国内旅行先として人気が高いのがスキー場です

新幹線やバスツアーを使って行く事が出来ます

冬の国内旅行方法として挙げられるのが、ウィンタースポーツが盛んなスキー場に向けた、旅行会社主催の関東発のスキーツアーであり、このツアーは大型バスと新幹線を使って行く事が可能です。関東発のバスツアーは、12月から3月にかけて東京・神奈川・埼玉などの都心部から行く事が出来て、積雪が多いエリアのスキー場へは4月や5月の大型連休まで楽しめる商品もあります(ターミナル駅近くが集合場所です)。新幹線ツアーは、長野・新潟・北関東・南東北方面に行く事が可能で、スキー場最寄り駅からは路線バスやシャトルバスを使ってスキー場に向かいます。

日帰りか宿泊のプランが使えます

スキーツアーは、日帰りか1泊または2泊の泊まりプランから選ぶ事が出来るので、長時間滞在して滑りたい方は泊まりプランを選択すると良いでしょう。日帰りバスツアーは深夜発か早朝発の2種類があり、遠方のスキー場を訪問する場合は深夜発を選んでおくと9時前から滑り始める事が出来ます。

泊まりプランを選んだ場合の宿泊場所

泊まりプランを選んだ場合の宿泊場所は、ゲレンデに面したホテルや民宿に加えて、スキー場からシャトルバスを使って15分圏内の場所に位置した施設が大半を占めています。食事は、夕食・朝食が基本的なプランになっていますが、多品目を食べたい場合はビュッフェスタイルを提供するホテルを選んでおくと良いでしょう。民宿は、オプション追加をすると冷えた体を温めてくれる鍋を始めとした食事を楽しめるので、予約時に申し込む事を忘れない事が大切です。

フライアゴーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です